2018年02月04日

障害を持つ子どもたちにも「読書って楽しい」ことを伝えたい

活字を読むのが難しい児童・生徒のための障害者用資料
〜マルチメディアデイジーなどの障害者用資料展示と体験会 を終えて

“障害を持つ子どもたちにも「読書って楽しい」ことを伝えたい”

 障害者サービス担当の職員が図書館から出て、教育センターなどで行われる教員のための研修会で、障害者用資料の展示や体験会を行う「出張資料展示・体験会」を実施しています。この取り組みも今年で3年が経ちました。

総合教育センター大研修室での資料展示・体験会での写真.jpg

大研修室のロビーで資料展示・体験会の写真

体験会でなかでも、人気があったのは、マルチメディアデイジー体験コーナーでした


 出張資料展示・体験会を始めた1年目は、多くの先生方から

「マルチメディアデイジーって何?」

といった質問を受け、マルチメディアデイジーの存在自体が知られていない現状を痛感しました。

 また、それだけでなく、

「県立図書館って本を貸出するの?」

といった質問を受け、マルチメディアデイジーだけでなく、県立図書館の存在を含め、広報していく必要性を感じた1年でした。

 3年目の出張資料展示・体験会では、先生方から

「マルチメディアデイジーって聞いた事があるけれど、実際に見たのは初めて」

との感想が多く、マルチメディアデイジーの認識に変化を感じ取ることができました。


 今年度は、埼玉県立総合教育センターをはじめ、さいたま市職員研修センター、各市町村教育委員会指導事務主管課長等の会議、特別支援学校の校長・副校長・教頭の先生方の会議、埼玉県立騎西特別支援学校の職員研修、「図書館と県民のつどい」等、出張資料展示・体験会では多くの機会をいただくことができました。


 関係の皆様、貴重な機会をありがとうございました。


「図書館と県民のつどい」資料展示・体験会の写真.jpg
<「図書館と県民のつどい」での資料展示・体験会の写真>

「図書館と県民のつどい」初参加!たくさんの方にご来場いただきました。

YouTubeにて

 マルチメディアデイジー「ごん狐」を再生しているところが見られます(日本障害者リハビリテーション協会提供)

 (https://www.youtube.com/watch?v=c4zqmWJm3Zk 

 

続きを読む
posted by 久喜図書館障害者サービス担当 at 15:38| 展示 | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

資料展「料理雑誌に見るおせちの40年」(久喜図書館)


こんにちは。

埼玉県立久喜図書館の新聞・雑誌担当です。

久喜図書館では、1月28日まで

資料展「料理雑誌に見るおせちの40年」を開催しています。

ここ40年間の料理雑誌(『栄養と料理』『NHKきょうの料理』等)から特徴的な号を抜き出し、おせち料理の変化をたどっていきます。

由来を添えたおせち料理の模型も展示中です。


 おせちの40年1.JPG

おせちと一口に言っても、個人個人イメージは異なりそうです(当館内調べ)。

伝統を重んじ縁起物を中心に詰めるお宅もあれば、とにかく家族が喜ぶメニューを重視してこしらえるお宅もあるようです。出来合いのおせちを少しだけ用意してお正月の気分を楽しむという人も…。

おせちは、一年の初めを飾る大切な行事食であることは今も変わりませんが、この数十年の間に様々に多様化していたことが、料理雑誌の記事から伺えます。


おせちの40年2.jpg


今から40年くらい前の料理雑誌には、伝統的なおせちのレシピしか見られないのでは?と想像しながら本展示の準備をしていたのですが、この頃にはすでに「アンチおせち」などという言葉が誌面に見られました(驚)。

また、おせちのメニューが当たり前のように洋食や中華にアレンジされており、かなり想像を裏切られました…

古い雑誌を紐解くと、いろいろなことが見えてきますね。


おせちの40年3.jpg

おせちの多様化は、メニューのアレンジにとどまりません。

重箱を使わない大皿・小皿の写真が表紙を飾るようになったり、少量のレシピ、塩分・カロリーを意識したレシピが登場したり…。

いろいろな路線の記事が誌面を賑わせています

家族構成の変化や健康志向ブームが行事食にまで影響を及ぼし始めたのかな?等とそれぞれの記事が出始めた背景がいろいろと想像されます。

(写真は、ある年の当館職員の正月の食卓です。美味しそう!)


多様化しながら、今もなお正月の定番として輝くおせち。

最近の雑誌では、多くの人に気軽に作ってもらえる簡単なレシピ、時短レシピの記事がよく見られるようになりました。その一方で、本格的なおせちを丁寧に作る、一品だけでも手作りしてみよう!といった記事も見られます。こういった記事には、行事食の伝統を大切にしていきたい!という料理関係者の願いが込められているように感じられます。


おせちの40年4.jpg

雑誌は、資料保存の観点から、刊行後2年以上経過しているものは、館内のみでの閲覧となります。

本展示は、2年以上経過している雑誌が中心の展示となりますので、館内の閲覧スペースで、ゆっくりご覧いただければと思います。


今年の正月はおせちを食べずに終わってしまったな…という方、

ぜひ、料理雑誌で行事食おせちに触れてください。

ご来館を心よりお待ちしています!


資料展「料理雑誌に見るおせちの40年」

期間 平成29年12月12日(火)〜平成30年1月28日(日)※休館日を除く

場所 埼玉県立久喜図書館 2階 閲覧室

posted by 久喜図書館新聞雑誌担当 at 14:45| 展示 | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

資料展「中世社会と女性たち」開催中です!

こんにちは!
熊谷図書館人文・社会科学資料担当です

熊谷図書館では、10月7日から新しい展示が始まっています
その名も「中世社会女性たち」。
「『躍動する武蔵武士』を今に活かす地域事業プロジェクトの一環となる展覧会のひとつです。
武蔵武士が闊歩した中世・東国。イメージされるのは、『平家物語』『太平記』で描かれるような雄雄しい"もののふ"の世界でしょうか。
今回の展示では、武士と戦の印象が強い時代の日常風景を垣間見ることができる資料を集めました

絵巻物や屏風絵のなかに、老若男女、様々な人の姿が見えます
融通念仏縁起絵巻2.JPG
融通念仏縁起絵巻.jpg
大人たちが寺で説法を聞いているあいだ、子どもたちは隅で退屈そうにしています。なかにはトイレに行きたいと言い出す子も 現代でもこういう場面には遭遇しますよね。

洛中洛外図.JPG
子どもを肩車する微笑ましい光景や、女性が通りすがりの男性を引っ張っている姿もあります展示の続きを見ると、この女性の正体が判明する・・・・・・かも?

本だけではありません。巻物もあります。
絵巻物の展示.jpg
こちらは武蔵国を舞台にした「男衾三郎絵巻(複製)」。正反対な二人の武士の生活を描いた場面ですが、女性はどのように登場するのでしょう?

縫物師.JPG
足の指まで使って全身で糸を引っ張っています。二人とも女性ですが、男性はやらない仕事なのでしょうか? それにしても楽しそうな表情で仕事をしていますね

さて、「中世社会と女性たち」の見どころを厳選(?)してお伝えしましたが、いかがだったでしょうか
ここで紹介したのは展示のほんの一部分です。絵の全体を見てみることで新しい発見があるかもしれません。
「この時代のことを詳しく知りたいなあ」「この絵を手にとって見てみたい!」
そんなふうに思った人には関連資料のコーナーをご案内熊谷図書館の資料が待機しています!
関連資料.JPG
こちらの資料は貸出可能です手にとってみたい本があれば、職員までお声かけください!
皆様のご来館、心よりお待ちしております

資料展「中世社会と女性たち」
期間:10月7日(土)〜11月23日(木)※休館日を除く
場所:埼玉県立熊谷図書館2階ロビー

posted by 熊谷図書館人文科学資料担当 at 15:56| 展示 | 更新情報をチェックする