2019年06月13日

資料展「お札が変わる前に 〜過去のお札、現在のお札、未来のお札〜」開催中!(県立熊谷図書館)

 こんにちは

 熊谷図書館 人文・社会科学資料担当です。


 早速ですが皆さん!!

 4月9日のニュースは御覧になりましたよね???


 そう、我らが渋沢栄一

 埼玉県を代表する近代日本の大偉人、渋沢栄一

 一万円札になるんです


 いやぁ、感慨深いですねぇ。

 埼玉県民のアイドル的(?)存在の渋沢栄一が、日本中で大人気になっちゃうのかぁ、、、


 え? 渋沢栄一ってそもそも誰って?

 またまた〜

 埼玉県民で渋沢栄一を知らない人なんているわけないでしょ


 なーんて冗談半分にSNSなんかを眺めていると、あれ? 渋沢栄一って実は全然知られてない……?

 そういえば、紙幣デザイン変更がされた当初は、検索ツールで「渋沢栄一」と入力すると、「誰」「何した人」みたいなサジェストばっかりだった気が……。

 肝心の紙幣も、「ダサい」「変えなくていい」「もどして」「こんな紙幣に載せられるこのおじさんかわいそう」「デザイン酷すぎておじさん泣きそうでは?」と、散々な言われよう…


 こ れ は ま ず い


 紙幣のデザイン変更は偽造防止などで重要だし、渋沢栄一は近代日本の資本主義を支えた大偉人だし、肖像が泣きそうに見えるのはたまたまだし……

 これは何とかして、「お札」と「渋沢栄一」についてもっと知ってもらわねば……👊



 ということで、現在埼玉県立熊谷図書館では

資料展「お札が変わる前に

〜過去のお札、現在のお札、未来のお札〜」  

を開催中です

 お札が変わるということ、そして、新たな一万円札の顔である渋沢栄一について知ってもらうため、色鮮やかビジュアルな資料を集めました

 それだけでなく、今回は様々な工夫を凝らし、いろいろな意味で「みて👀」楽しい展示になっています!

 今回の展示は、いつもと一味も二味も違うのですよ



 それではお待たせしました、担当一押しの見どころを紹介しますよ〜
お札の歴史.JPG

 こちらは、本展示の目玉、「お札の歴史」コーナーです。

 ここでは戦後発行された5種類の紙幣について、その変遷が分かるような資料を展示しています。珍しい昔のお札だって、カラーで見られちゃうんです。

 さらに!!

 今回はなんと「お札と切手の博物館」から特別にパネルをお借りしました

 1階と2階を繋ぐ階段の踊り場で、ドドーンとパネルを展示

 ずらりと並ぶ紙幣の写真はまさに圧巻! 写真に収まりきらないお札の歴史を、ぜひその目でご覧ください

資料展パネル.JPG



 そして、カラフルな資料やパネルで「過去のお札」「現在のお札」を満喫したら、次はいよいよ「未来のお札」です。

 紹介するのはもちろん、我らが渋沢栄一のコーナー

渋沢栄一コーナー.JPG

 この他にも、3階埼玉資料室にはたくさんの「渋沢栄一」関連資料があります。


 そ・し・て!

 このコーナーにはなんと、本だけでなく映像資料もご用意しています

 え? いつもCDとか平置きされてるって?

 いえいえ、今回は一味違います。いつもはガラスケース内に展示しているだけですが、今回はせっかくですし実際に上映しちゃいました

 ヘッドホンも置いてあるので、ご自由に座って御覧いただくことも可能です。

 5分ほどの映像なので、スキマ時間で楽しめるのもポイント

DVD上映.JPG


 さらにさらに!!

 資料展の開催に合わせ、なんと6月は連携映画会も開催しちゃいます🎥

 上映するのは映画「青い目の人形」、渋沢栄一が日米友好のために仲介を担った友情人形をテーマに、戦争の悲惨さや平和のすばらしさを謳った映画です

 6月の上映日は7日(金)、14日(金)、21日(金)、27日(木)午前10時からです。午後にはいつもの映画会もあるので、6月の金曜日(最終週だけは木曜日)は1日映画が楽しめちゃいますね

連携映画会案内.JPG



 いかがでしたか?

 今回の展示は本はもちろん、パネルや映像を「みて👀」楽しめる展示となっております


 埼玉県の大偉人、同じ県で生まれた先人がお札になったのに、それを知らないだなんてもったいない

 お札を知って、渋沢栄一を知れば、きっと新しいお札が楽しみになってくるハズ

 「お札ってどう変わってきたの?」「渋沢栄一って誰?」という人も、ぜひ本や映像を「みて👀」、お札を楽しんでみてくださいね



資料展

お札が変わる前に 〜過去のお札、現在のお札、未来のお札〜

【期間】

5月25日(土)〜6月27日(木)※図書館休館日を除く

【場所】

埼玉県立熊谷図書館 2階ロビー


 皆様の御来館をお待ちしております

posted by 熊谷図書館人文科学資料担当 at 16:02| 展示 | 更新情報をチェックする

2019年03月29日

資料展「図書館資料と写真で巡る熊谷宿」について

熊谷図書館 地域・行政資料担当です。

現在、熊谷図書館では、資料展「図書館資料と写真で巡る熊谷宿」を5月12日(日)開催中です。

この展示は昨年11月25日(日)に開催された「ウィキペディアタウンin熊谷」の関連展示です。

ウィキペディアタウンとは、街の名所や旧跡などを歩き、見聞きしたことをインターネット上の百科事典「ウィキペディア」に投稿し、世界中に街の魅力を発信するワークショップ形式のイベントです。

資料展スタート.jpg

展示では、イベントで散策した熊谷宿周辺の名所・旧跡等を紹介。

実際に歩いた2時間のコースを順番にたどる構成となっています。


◆箱田用水沿い〜裁判所方向へ歩く

箱田用水沿い〜裁判所方向へ歩く.jpg

用水沿いの民家の間に位置する「熊野堂 くまんどう」。『新編武蔵風土記稿』によると熊谷という地名にゆかりのある場所と言われています。

裁判所付近には「坊ちゃん」のモデルと言われている弘中又市の旧居趾。漱石の子 夏目伸六が著書『父の法要』の中で語る弘中のエピソードはとても興味深いです。

そして「千形神社」。今はなき土俵・奉納相撲の写真が『熊谷の姿』に掲載されています。


◆八木橋付近を歩く

八木橋付近を歩く.jpg

大正期の貴重な姿を残し、国の登録有形文化財となった「聖パウロ教会」は『近代埼玉の建築探訪』などの資料で紹介されています。

八木橋デパート入口には「宮沢賢治の歌碑」が。『宮沢賢治「修羅」への道』に熊谷を訪れた足跡がまとめられています。

この他、「熊谷寺」「奴稲荷」「竹井本陣趾」関係の資料を展示しています。


◆星川上流~県立図書館方向へ歩く

星川上流~県立図書館方向へ歩く.jpg

熊谷随一の景勝地「星溪園」はもともと「石上寺」の庭園でした。『埼玉県地誌略』には狩野派の絵師による「石上寺庭池図」が。美麗です!

「高城神社」の宝物で、宝暦2年(1752)に描かれた「熊谷町古絵図」は『熊谷の文化財』に複製が収録されています。

この他、このエリアには星川の「戦災者慰霊之女神像」、国道17号沿いの「札ノ辻趾」があります。

街歩きの終点は、熊谷直実にちなんだ桜の木が植えられている「中央公園」。これからの季節、花見に足を運んでみてはいかがでしょうか。

(資料の書誌情報は省略させていただきました。)


◆地域の魅力を発見するイベント「ウィキペディアタウン」

街を歩いて終わりではなく、図書館資料で調べて理解を深め、記事を発信するのが「ウィキペディアタウン」の醍醐味。最後に、イベント参加者の皆さんがウィキペディアに投稿した記事を展示しています。

投稿したウィキペディアの記事.jpg

編集したウィキペディアの記事一覧

(地名をクリックすると記事のページに移動します)

 千形神社

 日本聖公熊谷パウロ教会

 石上寺(熊谷市)

 高城神社

 中央公園(熊谷市)


ウィキペディアタウンを実施するにあたってご協力をいただいた熊谷市観光ボランティアガイドの会「くまがい探偵団」、ITで街を盛り上げる取組をしている「Code for kumagaya」の皆さんをご紹介するコーナーもあります。地元愛に溢れた各団体の今後の活動が楽しみです。

ご協力いただいた皆さま.jpg

以上、展示の概要をレポートしました。ぜひ、ご来館の上、資料現物をご覧ください。お待ちしています。

資料展 「図書館資料と写真で巡る熊谷宿」

期間 平成31年2月23日(土)〜平成31年5月12日(日)(休館日を除く)

場所 埼玉県立熊谷図書館 2階ロビー



posted by 熊谷図書館地域・行政資料担当 at 13:00| 展示 | 更新情報をチェックする

2018年12月27日

資料展「越後の龍 上杉謙信」開催中!(県立熊谷図書館)

こんにちは!

熊谷図書館 人文・社会科学資料担当です。

寒さも厳しくなってせわしなく、まさに年末!といったところですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?


 現在、熊谷図書館では、資料展「越後の龍 上杉謙信」を開催しています。もう御覧になった方ももちろん、これから御覧になる方は1月6日(日曜日)まで開催中ですので是非ご来館ください!

トリミング.jpgDSCN6942 (2).JPG

 こちらの展示は11月3日(土曜日)に開催された当館の文化講座「上杉謙信と武蔵の国衆」及び、嵐山史跡の博物館で12月1日(月曜日)から平成31年2月17日(日曜日)まで開催中の企画展「越山―上杉謙信侵攻と関東の城―」との連携展示となっております!


 文化講座は満員御礼の大盛況で終了しましたが、嵐山史跡の博物館の企画展はまだまだ開催中ですので、ぜひ資料展を御覧になってから足を運んでみてください。


 上杉謙信といえば、川中島の戦いで武田信玄と戦った名将として有名です。

 しかし、活躍の場はそれだけではありません。

 今回の資料展では、上杉謙信の生涯、関わりのあった人物や出来事、時代背景のわかる資料を「謙信の生涯」「謙信とゆかりのある人物たち」「謙信の生きた戦国時代」「謙信と関東の城郭」の4つのテーマに沿って紹介しています。


 それでは、展示テーマごとにどのような資料が展示されているか、一部を御紹介します。


 「謙信の生涯」

DSCN6940 (2).JPG

 まずは、上杉謙信という人物についての本を集めました。

 物語のようにすらすらと読める伝記から、研究者による論文をはじめとする専門書まで余すことなく一堂に会しております。

DSCN6924 (2).JPG

 資料集も参照することで、より詳しく謙信を知ることができます。


 「謙信とゆかりのある人物たち」

DSCN6935 (2).JPG

 普段は保存のために貸し出しをしていない古い書物も、こうした展示によって皆さんにご覧いただけるようにしております。

DSCN6937 (2).JPG

 有名な川中島の戦いは、付録の地図も一緒に御紹介しています。


 「謙信の生きた戦国時代」

DSCN6919 (2).JPGDSCN6921 (2).JPG

 当時ほかの土地ではどんな戦いが繰り広げられていたのか。

 当時の人々はどんな生活をして、何を考えていたのか……と、戦国時代に思いをはせる手助けとなる本がずらり。


 「謙信と関東の城郭」

 謙信と言えば、資料展のタイトル通り「越後」のイメージが強いのではないでしょうか?しかし、関東……埼玉のお城にも進軍しているのです!

6930 (2).JPG

 こちらは嵐山史跡の博物館の企画展「越山―上杉謙信侵攻と関東の城―」と関わりの深い資料を数多く展示していますので、予習としても大変おすすめです。逆に、先に博物館の企画展を御覧になってからこちらの資料に当たる、という方法も……!

6927 (2).JPG

 これは資料の付録である鉢形城の地図(一部)です。普段はなかなか見ないところまでお見せできるのが展示の良いところです。


 こちらの展示で御紹介している資料は、貸出禁止のものを除き、展示終了後に借りることができます。気になる資料は是非予約してみてくださいね。また、貸出禁止の資料につきましては、館内で御覧になることができます。閲覧を御希望される方は、お気軽に職員までお申し付けください。


資料展 「越後の龍 上杉謙信」

期間 平成30年10月27日(土)〜平成31年1月6日(日)(※休館日を除く)

場所 埼玉県立熊谷図書館 2階ロビー


 皆様の御来館をお待ちしております!

posted by 熊谷図書館人文科学資料担当 at 17:05| 展示 | 更新情報をチェックする