2019年07月26日

こんな時に使える!埼玉資料のご紹介

県立熊谷図書館地域・行政資料担当です。


みなさんは県立図書館で「埼玉資料」を利用したことはありますか?

埼玉県立図書館では、「地域資料」や「郷土資料」を「埼玉資料」と呼んでいます。

熊谷図書館では3階の埼玉資料室で利用することができます。

DSCN8145.JPG

埼玉資料と聞いても馴染みがなく、どんな資料があるのか、どんな時に使えるのかがわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は「こんな時に埼玉資料が使える!」という場面を紹介していきます。


◆市町村の歴史を調べたい。

DSCN8146.JPG

市町村の歴史を調べる入り口には、各市町村史の「通史編」がオススメです。

埼玉資料室には県内全市町村の市町村史資料が揃っています。資料はエリアごと(旧郡制時代の区分)にまとめて置いてあります。そのエリアの中が市町村の50音順になっています。

隣接する地域の資料には関連する内容が書かれていることがあり、目的の情報を効率よく集めることができます。

DSCN8148.JPG

棚から出ている各市町村の見出し板の色は、カウンター後方の旧郡制時代の区分図の色と対応しています。


◆一般の道路地図よりもさらに細かい地図が見たい。

DSCN8149.JPG

一般の道路地図の縮尺は大きいもので1万分の1程度です。

これに対しゼンリンが発行する「住宅地図」は縮尺が千5百分の1、3千分の1(地域によって異なります)で、より細かく地域を見ることができます。住宅地図に地番や公図番号などを付けた「ブルーマップ」もあります。

県内の住宅地図やブルーマップは埼玉資料室のカウンターでご用意します。ご覧になりたい地図の市町村名と年代を職員へお伝えください。

なお、久喜市をはじめとする県東部地域の最新版の住宅地図は県立久喜図書館にあります。詳細は「住宅地図・ブルーマップ(埼玉県内市町村)」から「住宅地図所蔵一覧」(PDFファイル)をご覧ください。


◆県内の古い地図が見たい。

熊谷図書館で所蔵する古い年代の地図には以下のものがあります。

sDSCN8156.JPG

迅速測図

明治13年から19年にかけて参謀本部陸軍部測量局によって作成された、関東地方の縮尺2万分の1の地図です。

東日本大震災の後、昔の地形がどうだったのかを確認できる地図として大変話題になりました。


sDSCN8163.JPG

火災保険特殊地図

昭和のはじめごろから昭和30年にかけて火災保険会社によって作られた地図です。

縮尺は6百分の1、千2百分の1です(地域によって異なります)。

熊谷図書館には浦和、大宮、春日部(粕壁)、川口、川越、行田(忍)、熊谷、秩父、所沢、羽生方面、飯能、深谷、本庄の地図があります。


◆電話帳を過去にさかのぼって調べたい。

DSCN8161.JPG

熊谷図書館には最新版から一番古いもので1920年(大正9年)版までの電話帳があります。所蔵状況については「埼玉県内電話帳所蔵状況」をご確認ください。

電話帳には企業名別と個人名別の2種類がありますので、調べたい電話帳の種類、市町村名、年代をカウンターの職員にお伝えください(最新版の電話帳は埼玉資料室の窓際の棚にあります)。


いかがでしたでしょうか。この他にも埼玉資料には一度には紹介しきれない貴重な資料やユニークな資料がたくさんあります。


埼玉資料室の資料は館内利用です!

県立熊谷図書館埼玉資料室の埼玉資料は、保存等の観点から館内利用となっています。

また、埼玉資料の中には国内で埼玉県立図書館のみが所蔵する資料もあり、遠方から来館する方もいらっしゃるため、個人貸出をしておりません。

複本(同じ本)が県立久喜図書館や外部書庫にある場合は、取り寄せの上、貸出できる場合もあります。


◆調べもののお手伝いもしています!

資料の内容についてのご質問などは来館・電話・FAXのほか「調査・相談(レファレンス)サービス」から受け付けています。また熊谷図書館まで来られないという方にも、「郵送複写サービス」によって資料の複写物を郵送でお届けすることができます。

その他埼玉資料についてわからないことは、どうぞお気軽に県立熊谷図書館の地域・行政資料担当までお問合せください。

posted by 熊谷図書館地域・行政資料担当 at 14:00| できごと | 更新情報をチェックする