2019年08月01日

対面朗読が広げる、支える 創作の原点

こんにちは! 障害者サービス担当です


突然ですが皆さんは 対面朗読 をご存知ですか?

対面朗読とは、活字による読書が難しい方を対象とした、

図書館で当館の音訳者が、ご希望の資料を直接お読みする」サービスです。

今回はこの対面朗読に関連した、うれしいニュースを2つお知らせします  


当館の対面朗読を毎週ご利用いただいている、HさんとMさん。

お2人は詩歌の創作もされています。

そして今年、Hさんはお住まいのある市が開催する短歌大会で、Mさんは新聞社の文化賞で、それぞれ賞を受賞されました。

おめでとうございます💡💡


Hさんは、短歌で昨年「読売歌壇」で一席に入賞された他、

全国紙地方新聞の入選を重ねていらっしゃいます。

今回は、地元の短歌大会  入賞 され、その時の表彰状と地元紙のインタビューに応えられた記事を、図書館にお持ちくださいました。

記事の中で、Hさんは、
図書館の音訳者の支え があったからこそ完成した短歌、その歌が活字となり多くの人に届くことが、私なりの恩返しの一つ」と語られています。

音訳者の皆さまに向けられた、うれしく有難い言葉です。

H様賞状.jpg

Mさんは、新聞社主催  2018年度文化賞詩部門  正賞 を受賞されました。

学生時代から詩作を続けているMさん、そんなMさんに投稿のきっかけを作ったのが、

当館の音訳者Kさんでした。

同賞の受賞歴もあり、同じ創作者でもあるKさんの熱心な勧めに、背中を押されて投稿をはじめたそうです。

受賞のご報告をいただいた際には「対面朗読のおかげ」とお褒めの言葉も頂戴しました。

図書館のサービスが創作の糧になっていると思うとうれしい限りです。

M様賞状.jpg

対面朗読は、開館日9時〜17時で実施中です💡💡

活字による読書の困難な方であれば、障害者手帳がなくてもご利用いただけます。

利用は予約制です。お気軽に、障害者サービス担当(直通:0480-21-2729)までお問い合わせください。

担当一同お待ちしております 

posted by 久喜図書館障害者サービス担当 at 12:00| できごと | 更新情報をチェックする

2019年07月26日

こんな時に使える!埼玉資料のご紹介

県立熊谷図書館地域・行政資料担当です。


みなさんは県立図書館で「埼玉資料」を利用したことはありますか?

埼玉県立図書館では、「地域資料」や「郷土資料」を「埼玉資料」と呼んでいます。

熊谷図書館では3階の埼玉資料室で利用することができます。

DSCN8145.JPG

埼玉資料と聞いても馴染みがなく、どんな資料があるのか、どんな時に使えるのかがわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は「こんな時に埼玉資料が使える!」という場面を紹介していきます。


◆市町村の歴史を調べたい。

DSCN8146.JPG

市町村の歴史を調べる入り口には、各市町村史の「通史編」がオススメです。

埼玉資料室には県内全市町村の市町村史資料が揃っています。資料はエリアごと(旧郡制時代の区分)にまとめて置いてあります。そのエリアの中が市町村の50音順になっています。

隣接する地域の資料には関連する内容が書かれていることがあり、目的の情報を効率よく集めることができます。

DSCN8148.JPG

棚から出ている各市町村の見出し板の色は、カウンター後方の旧郡制時代の区分図の色と対応しています。


◆一般の道路地図よりもさらに細かい地図が見たい。

DSCN8149.JPG

一般の道路地図の縮尺は大きいもので1万分の1程度です。

これに対しゼンリンが発行する「住宅地図」は縮尺が千5百分の1、3千分の1(地域によって異なります)で、より細かく地域を見ることができます。住宅地図に地番や公図番号などを付けた「ブルーマップ」もあります。

県内の住宅地図やブルーマップは埼玉資料室のカウンターでご用意します。ご覧になりたい地図の市町村名と年代を職員へお伝えください。

なお、久喜市をはじめとする県東部地域の最新版の住宅地図は県立久喜図書館にあります。詳細は「住宅地図・ブルーマップ(埼玉県内市町村)」から「住宅地図所蔵一覧」(PDFファイル)をご覧ください。


◆県内の古い地図が見たい。

熊谷図書館で所蔵する古い年代の地図には以下のものがあります。

sDSCN8156.JPG

迅速測図

明治13年から19年にかけて参謀本部陸軍部測量局によって作成された、関東地方の縮尺2万分の1の地図です。

東日本大震災の後、昔の地形がどうだったのかを確認できる地図として大変話題になりました。


sDSCN8163.JPG

火災保険特殊地図

昭和のはじめごろから昭和30年にかけて火災保険会社によって作られた地図です。

縮尺は6百分の1、千2百分の1です(地域によって異なります)。

熊谷図書館には浦和、大宮、春日部(粕壁)、川口、川越、行田(忍)、熊谷、秩父、所沢、羽生方面、飯能、深谷、本庄の地図があります。


◆電話帳を過去にさかのぼって調べたい。

DSCN8161.JPG

熊谷図書館には最新版から一番古いもので1920年(大正9年)版までの電話帳があります。所蔵状況については「埼玉県内電話帳所蔵状況」をご確認ください。

電話帳には企業名別と個人名別の2種類がありますので、調べたい電話帳の種類、市町村名、年代をカウンターの職員にお伝えください(最新版の電話帳は埼玉資料室の窓際の棚にあります)。


いかがでしたでしょうか。この他にも埼玉資料には一度には紹介しきれない貴重な資料やユニークな資料がたくさんあります。


埼玉資料室の資料は館内利用です!

県立熊谷図書館埼玉資料室の埼玉資料は、保存等の観点から館内利用となっています。

また、埼玉資料の中には国内で埼玉県立図書館のみが所蔵する資料もあり、遠方から来館する方もいらっしゃるため、個人貸出をしておりません。

複本(同じ本)が県立久喜図書館や外部書庫にある場合は、取り寄せの上、貸出できる場合もあります。


◆調べもののお手伝いもしています!

資料の内容についてのご質問などは来館・電話・FAXのほか「調査・相談(レファレンス)サービス」から受け付けています。また熊谷図書館まで来られないという方にも、「郵送複写サービス」によって資料の複写物を郵送でお届けすることができます。

その他埼玉資料についてわからないことは、どうぞお気軽に県立熊谷図書館の地域・行政資料担当までお問合せください。

posted by 熊谷図書館地域・行政資料担当 at 14:00| できごと | 更新情報をチェックする

2019年07月23日

ビジネスライブラリカフェ2019を開催しました

こんにちは、ビジネス・産業支援担当です。

7月7日(日曜日)、アズ熊谷6階にあるクマガヤプレイス
ホールで、「ビジネスライブラリカフェ2019 
地域で働く外国人の声を聴く 〜お互いの信頼を築くために〜」
を開催しました。
カフェ形式のイベントを開催するのは今年で3年目です。

今回は、地域で働いている外国人の相談に長年従事されている
NPO法人ふじみの国際交流センターの石井ナナヱ理事長を
お招きして、お話を伺いました。
また、地域で働いているネパール出身の方にも
お話ししていただきました。


カフェオーナー(館長)のごあいさつからはじまりました。
ブログ館長あいさつ.png


参加者は12名。
日本で働いている外国人の数が増えていることから始まり、
実際にふじみの国際交流センターに寄せられた相談から、
外国人労働者の実情をお話しいただきました。
生活習慣の違いや言葉が通じないことなどから、
困っている外国人の方が多くいることを知りました。
石井さん講義1.png

また、ふじみの国際交流センターで行っている様々な
支援活動についてもご紹介いただきました。
日本語教室やパソコン教室などの講座のほか、
医療機関や役所などへの同行通訳も行っているそうです。
石井さん講義2.png


参加者にもご協力いただき、
「外国人を理解するためのゲーム」も行いました。

「世界地図を思い描いてみよう」
「ジェスチャー」
「アメリカのゲーム」
「3本の線と3個の〇」
「3分の1と4分の1」
「トイレはどこ。」

下の写真は、「3本の線と3個の〇」を行った後です。
「ホワイトボードに3本の線と3個の〇を書いてください。」
と言われ、3人の方が書いてくださいました。
この図が表していることは・・・。
石井さん講義3.png


休憩時間には、ネパールで好まれる紅茶「チャイ」と
ビスケットを試飲・試食しました。
チャイ左.pngチャイ右.png

続いてネパール出身のサプコタ・キリスナさんから
お話を伺いました。
ネパールから日本に来て10年になるそうです。
カレーのお店で働いています。
サプコタさん1.png

サプコタさんへの質問。
「日本で働いていて大変なことは?」
「日本語はどうやって学習したのですか?」
など、多くの質問が寄せられました。
サプコタさん2.png


ネパール語で「くまがやとしょかん」と書いてくださいました。
サプコタさん3.png


続いてのワークショップでは、3人ずつのグループで
交流の時間。
「外国人と一緒に楽しく働くには」をテーマに
情報交換を行いました。
ワークショップ1.png

最後にサプコタ・キリスナさんと講師の石井ナナヱさんから
お話しいただきました。
サプコタさんからは、ふじみの国際交流センターは、
困った時に助けになるということを、
石井さんからは、外国人と接する時に大切なことなどを
お話しいただきました。
外国人と接するときに大切なことは、
ゆっくりと話すこと、
易しい言葉で3〜5回繰り返すこと、
関心を持つこと

そして何より外国人を孤立させないことが大事です。
ワークショップ2.png

会場内では、3つのテーマで関連資料展示を行いました。
「日本に来て働く」「日本で外国人と働く」「出身国を知る」。
また、関連機関やデータベースのパネルも展示しました。
展示左.png展示右.png

熊谷図書館のビジネス支援室では、7月27日(土曜日)から、
会場内で展示していた「日本で外国人と働く」に
資料を追加して、9月26日(木曜日)まで、
ミニ展示「外国人と働く」を開催予定です。
どうぞご覧ください。


埼玉県立図書館の多文化サービスについてもっと知りたい方は
ご覧ください。


埼玉県立図書館のビジネス支援サービスについて
もっと知りたい方は「ビジネス支援サービス」のご案内を
ご覧ください。

当日ご参加の皆様、運営にご協力の皆様、
ありがとうございました。
posted by 熊谷図書館ビジネス・産業支援担当 at 10:24| イベント | 更新情報をチェックする