2020年02月04日

「Moi Suomi!幸福の国フィンランドを知ろう」を開催しました。

こんにちは。

熊谷図書館の海外資料担当です。

1/19(日)に「Moi Suomi!幸福の国フィンランドを知ろう」のイベントを開催しました。

DVD上映のほか、3つの講演とフィンランドの民族楽器カンテレの生演奏、という盛りだくさんな一日でした。


10時からは当館所蔵のDVD「北欧物語 Scandinavian art」を上映しました。フィンランドにあるムーミンの家や古城などを鑑賞しました。今回はフィンランドの箇所だけを上映しましたが、DVDにはほかの北欧諸国の文化も紹介されています。ご興味のある方はぜひ借りて、ご覧ください!


 10時30分からは「知っておきたい!フィンランドの魅力」を開催。フィンランドセンター所長アンナ=マリア・ウィルヤネン氏をお招きし、英語で講演をしていただきました。幸福度ランキングや女性の社会進出などについてお話しいただきました。またフィンランドでは「自然」がキーワードとなっていて、 フィンランドの素敵な北欧雑貨のデザインや生活スタイルに大きな影響を与えているとのことでした。

DSCN8839.JPG

自然の大切さを語るアンナ=マリア・ウィルヤネン氏

DSCN8858.JPG

質問に答える


13時からは「北欧の教育と留学事情〜フィンランドの生涯学習・成人教育を中心に〜」を開催。東海大学文化社会学部北欧学科講師 柴山由理子氏から北欧の教育制度についてお話しいただきました。


DSCN8892.JPG

自己紹介をする柴山由理子氏

DSCN8907.JPG

ミニクイズを行う


14時20分からは「カンテレの演奏とフィンランドの文化」を開催しました。カンテレ演奏家 桑林美恵子氏に演奏を、株式会社ムーミン物語クリエイティブディレクター 川ア亜利沙氏に講演をお願いいたしました。カンテレの演奏ではフィンランド民謡やフィンランド独特の少しのもの悲しさを感じるようなタンゴを楽しみました。また講演ではサウナやヘヴィメタルなどのフィンランド文化をご紹介いただきました。さらに昨今人気の北欧ミステリーやフィンランドの絵本のおすすめもありました。


DSCN8967.JPG

フィンランドの文化を紹介する川ア亜利沙氏

DSCN8991.JPG

 カンテレを演奏する桑林美恵子氏(右)


受講者の皆様からは「なかなかのレア情報が満載で、とても勉強になりました。」「フィンランドへの理解が深まりました」という意見をいただいています。ご参加くださった皆様にはとても楽しんでいただけたようでした。

今回抽選ではずれて参加できなかった方もいらっしゃいました。皆様に楽しんでいただけるイベントをまた企画する予定ですので、次のイベントをお待ちください!

ご参加の皆様、講師の皆様、ありがとうございました。


posted by 熊谷図書館海外資料担当 at 15:35| できごと | 更新情報をチェックする

2020年01月30日

こんな本あります!―久喜図書館の書棚から―

こんにちは。久喜図書館です。
このコーナーでは、毎月、図書館職員が所蔵する図書をご紹介します。
さて、今月は・・・

■No.1■
気候で読み解く日本の歴史 〜異常気象との攻防1400年〜 田家康著 日本経済新聞出版社 2013』
 < 所蔵館:久喜図書館 請求記号:451.85/キコ >
shoei_202001_1.jpg

 律令国家の成立以来、我が国の歴史は、干ばつや長雨が引き起こす凶作や飢饉、疫病とどのように対峙するかという、気候変動との格闘の歩みでもあった。本書は、古気候研究のデータと、歴史資料・古文書の記載とをリンクさせながら、先人たちが生きた社会と気候変動との関係を明らかにし、源平の争乱や戦国大名による抗争といった、日本史上の大事件の背後にあるものをくっきりと浮かび上がらせる。地球温暖化に起因する異常気象の脅威にさらされる現代の私たちにとって、日々の生活基盤をどう守るのかについて考えるきっかけとなる一冊である。(紹介者 館長・高橋)

■No.2■
日本文学史 小西甚一著 講談社 1993
 < 所蔵館:久喜図書館 請求記号:B910.2/ニ >
shoei_202001_2.jpg

 本書を読むと古典文学は当時の人々の声を聞くことができるものであることに気づかされる。著者の日本文学に対する情熱は相当である。「色々な古典を読みなさい。さすれば自分が何を表現したいのかがわかりますよ。」と言ってくれているように感じた。文学作品をただ読むのではなく、作品がつくられた時代背景を知りたい人におすすめである。(紹介者 T.K)

■No.3■
理化学研究所 100年目の巨大研究機関 山根一眞著 講談社 2017
 < 所蔵館:久喜図書館 請求記号:407.6/リカ >
shoei_202001_3.jpg

 1917年理化学研究所は、欧米の模倣から自らの独創性を持ち、大規模な科学技術の研究所を造ろうという高い理念から設立された。以後100年にわたり、湯川秀樹、野依良治など多くの研究者たちが、最先端の科学技術を支えてきた。基礎科学を含めた研究の更なる必要性が叫ばれている中、本書は最先端研究の「いま」を浮き彫りにする。現場で働く研究者へのインタビューを交え、山根一眞が難しい科学を易しく伝えてくれる。(自然科学・技術資料担当 池谷)

■No.4■
日本書蹟大鑑 11巻 小松茂美編 講談社 1980
 < 所蔵館:久喜図書館 請求記号:D728.8/ニ >
shoei_202001_4.jpg

 『日本書蹟大鑑』は歴史上著名な人物の主要な現存遺墨を網羅する書跡基礎資料集である。第十一巻付録の月報に、昭和天皇の侍従長を長く務めた入江相政はこう記す。「とにかく書は、それを見ていれば、書いたのはどういう人か、どれぐらいの速さで、どんな気持で書いたかが、手にとるようにわかる」。同巻には織田信長から始まり、森蘭丸、明智光秀、千利休と戦乱を生きた人物たちの書状が収録される。2020年の大河ドラマを、書跡から眺めてみるのも面白いかもしれない。(情報・地域協力担当 森)

それでは、次回もお楽しみに。

posted by 久喜図書館情報・地域協力担当 at 18:00| 資料紹介 | 更新情報をチェックする

2020年01月11日

「図書館と県民のつどい埼玉2019」を開催しました。

令和元年度の「図書館と県民のつどい埼玉」は、12月15日(日)に桶川市民ホール・さいたま文学館で開催しました。

会場入口の写真


今年の記念講演は、作家の須賀しのぶさんにお越しいただきました。

「本と埼玉と私」と題し、埼玉愛や御自身の本に関する経験、作品についてのお話しなど、貴重なお話しをたっぷり語ってくださいました。

講演後には、会場からたくさんの質問があがり、そのひとつひとつに丁寧にお答えくださいました。

須賀しのぶさん講演中の写真


須賀しのぶさん講演後花束を持っている写真


中学生ビブリオバトルでは、予選会を勝ち抜いた6名によるバトルが繰り広げられました。

生徒のみなさんの堂々たる発表に、来場者の方々からも称賛する感想が多く聞かれました。

「ビブリオバトルを見ました!! 本当に同じ中学生!?と疑うほどすごい演説でした!!」

「ただただすごい。全て読みたいなと思いました。」


来場者による投票により見事チャンプ本を獲得したのは、熊谷市立熊谷東中学校の瀬山 雄太さんです。チャンプ本は『我が名は秀秋』(矢野 隆 著/講談社)でした。

ビブリオバトル発表者集合写真


この他、子供の読書振興をテーマとした、こども読書交流集会の2つの講座、こどもの本のひろば、大学・高校・公共図書館の展示も行われました。

展示会場では、各図書館の多彩な取り組みの紹介、本の修理体験やしおり作り体験などの参加型の展示など、趣向を凝らした内容で参加された皆さんに楽しんでいただきました。 

学校図書館講座の写真


わらべうた講座の写真


絵本の読み聞かせの写真


須賀しのぶさん著作展示の写真


クリアファイルでしおり作りの写真


大学図書館展示(一部)の写真


また、会場をめぐるスタンプラリーも行い、スタンプを全て集めた方には協賛企業から提供いただいた景品とオリジナル缶バッジをお渡ししました。


おかげさまで盛況のうちに今年の「図書館と県民のつどい」を終えることができました。

ご来場いただいた方は延べ3,457名と、「図書館と県民のつどい」が始まって以来最多を記録しました。

ご参加いただいた皆様、また、御協力いただいた関係者の皆様、大変ありがとうございました。

posted by 熊谷図書館企画担当 at 14:41| 図書館と県民のつどい | 更新情報をチェックする