2017年04月10日

講座「思い出語りで元気になる!」は大好評のうちに終了いたしました!

311日(土)に健康・医療情報講座「思い出語りで元気になる!脳を活性化する回想法入門」を開催いたしました♪


講師は回想法ライフレヴュー研究会代表 中嶋惠美子氏。

回想法のプロとして、長年回想法実践者の育成に取り組んでこられました。

「中嶋先生のファンです」という方もいらっしゃるほど著名な中嶋先生に、過去を思い出して語り合う、人生を振り返ることで心身ともに元気になれる「回想法」についてご講義いただきました。

kaisouhou1.png


会場は、ほぼ満員!

みなさん熱心に聞き入っています。人間は死ぬまで成長できる・・・中嶋先生の言葉が心に染み入ります

回想法の効果から実践方法のイロハまで、具体例を交えながらわかりやすくお話いただきました。


kaisouhou2.png

質疑応答の時間は、頻繁に手が挙がります。「もっと聴きたい」「実践したい」「未来に希望が持てた」とのご感想も。



kaisouhou3.png


講義の後は、司書による回想法・認知症に関する図書や情報をご紹介しました。アンケートでは「司書から本の紹介を受けられたのがよかったとの嬉しいご意見をいただきました♪

講座に参加できなかった方は当日の配布資料をダウンロードしてご覧ください


また、今回の講座に併せて、回想法と認知症に関する資料展示を行いました。

展示の様子は223日のブログ、もしくは資料展示のページをご覧ください。



以下から、講座や資料展示で配布したリストをダウンロードできます。

※回想法調べ方案内&資料リスト「入門!回想法」PDF形式 526KB

※認知症資料展示リスト「認知症と生きる」PDF形式 852KB

※認知症調べ方案内「認知症と生きるために」PDF形式 1435KB

誰もが自分らしく元気に生きられるような地域づくりのために、図書館も情報や知識の面から役立ちたいと思っています。
posted by 久喜図書館自然科学技術担当 at 09:00| イベント | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

資料展示「漱石ってどんな人?〜夏目漱石生誕150年〜」



みなさん、こんにちは。
久喜図書館の芸術・文学資料担当です。


今年2017年は、明治を代表する文豪・夏目漱石の生誕150
あたります。昨年は没後100年にあたり、書店や図書館
では夏目漱石の関連資料の出版や展示などをよく見かける
ようになりました。

埼玉県立図書館では夏目漱石の作品はもちろん、研究資料も多く
所蔵しています。その中から夏目漱石の人となりがわかるような
図書を中心に現在資料展示を開催しています。


漱石展示風景.JPG


来館された方が展示コーナーで足を止め、資料をご覧になって、
そのまま借りていかれることが多く、夏目漱石に対する関心の
高さを知り、漱石をテーマに開催してよかったと思っています。

担当も展示資料を選定していく中で、物憂げなイメージのあっ
た夏目漱石に、ユーモアがあったりなど、新たな一面に触れるこ
とができました。

漱石は東京都新宿区で生まれ育ち、新宿区には漱石が晩年
暮らした「漱石山房」があり、敷地の一部は、新宿区立漱石
公園として整備されています。下の写真はその様子です。
平成29年9月24日には同敷地に新宿区立漱石山房記念館がオー
プンします。
※現在は記念館の建設に伴い、平成29年3月6日から9月23日
(予定)まで、全面休園中です。


漱石公園風景.jpg


(写真はありませんが)公開図書室中央のガラスケースには
漱石公園の写真やグッズなどを展示しましたので、そちらも
ご覧ください。


最新の情報を求めに図書館にいらっしゃる方も多いと思い
ますが、新年度を迎えるこの時期、過去の人物や作品に触れる
ことで新たな発見をしてみてはいかがでしょうか。


資料展「漱石ってどんな人?〜夏目漱石生誕150年〜」

期間 3月18日(土)から4月16日(日)

場所 県立久喜図書館 2階公開図書室


posted by 久喜図書館芸術文学担当 at 16:45| 展示 | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

国立国会図書館から御礼状をいただきました!

埼玉県立図書館では、資料や情報を探すお手伝いをするレファレンス(調査・相談)を受付けています。
レファレンスサービスで回答した事例は、国立国会図書館が提供するレファレンス協同データベース(レファ協)を通じ、インターネット上に公開しています。

今年もデータベース事業に年間データ登録数・アクセス数ともに貢献したことから、国立国会図書館より御礼状をいただきました。

2017レファ協御礼状.png


埼玉県立図書館がこれまでにインターネットで公開してきたレファレンス事例はレファレンス事例データベースから検索できます。(レファ協からも検索できます。)
また、埼玉県立図書館ウェブサイトトップページのレファレンスいろいろでは、レファレンス事例をランダムで3件ずつ紹介しています。気になる事例はぜひクリックしてみてください。

「レファレンスいろいろ」掲載案内.png



レファレンス事例の中から災害・事故に関する事例をいくつかご紹介します。
※調査内容は事例作成日当時のものです。

東日本大震災における被害状況に関する数値を知りたい。@全壊家屋数 A半壊家屋数 B一部損壊家屋数 C流出・消失自動車数 D流出・消失船舶数 E避難者数(2012年03月07日作成)

1923年の関東大震災で、旧大宮市(大宮駅周辺)ではどのような被害があったか、被害者数や建物の被害状況、震災直後の暮らし、鉄道の運行への影響などを確認できる資料はあるか知りたい。(2014年09月17日作成)

日本の工場災害、工場火災についての事例研究がみたい。原因の分析と対策について考えられている研究が知りたい。(2014年07月02日作成)

介護施設(特に特別養護老人ホーム)における事故の統計について書かれている資料を見たい。(2011年08月26日作成)

高齢者施設での避難訓練について、実際に起きた災害(阪神大震災など)をふまえた事例が載っているものを見たい。(2011年05月26日作成)

公共施設等における事故を防ぐための事例集のようなものを見たい。(2009年06月05日作成)

児童から大人までの交通安全指導に使うため、交通事故の絵や写真、事故の起きやすい場所が載っている資料が知りたい。(2013年06月20日作成)

関連リンク
「調査・相談(レファレンス)」について
レファレンスのお申込み
posted by 久喜図書館情報・地域協力担当 at 12:30| その他 | 更新情報をチェックする